施設の特色

経営理念

ポタラの森の役割

1.包括的ケアサービス施設

 利用者の意思を尊重し、望ましい在宅または施設生活が過ごせるようチームで支援します。そのため、利用者に応じた目標と支援計画を立て、必要な医療、看護、介護、リハビリを提供します。


2.リハビリテーション施設

 体力や基本動作能力の獲得、活動や参加の促進、家庭環境の調整など生活機能向上を目的に、集中的な維持期リハビリテーションを行います。


3.在宅復帰施設

 脳卒中、廃用症候群、認知症等による個々の状態像に応じて、多職種からなるチームケアを行い、早期の在宅復帰に努めます。


4.在宅生活支援施設

 自立した在宅生活が継続できるよう、介護予防に努め、入所や通所・ショートステイなどのサービスを提供するとともに、他サービス機関と連携して総合的に支援し、家族の介護負担の軽減に努めます。


5.地域に根差した施設

 家族や地域住民と交流し、さまざまなケアの相談に対応します。市町村自治体や各種事業者、ボランティア、保健・医療・福祉機関と連携し、地域と一体となったケアを積極的に担います。地域の歴史文化を大切に守り育てていきます。



「すべての職員が幸せであるために」

私たちを取り巻くひとりでも多くの人を笑顔にできる「ジェネラリスト専門職集団」を目指して。

職員一人ひとりが自らの専門性に誇りを持ち、仲間の成長を願い助け合い、挑戦と成長を楽しむこと。

ポタラの森では、常駐スタッフの熱意はもちろん、私たちの志に賛同いただいた地域の方々からの農業支援や非常勤スタッフ、専属の調理スタッフといったサポートが大きな支えとなり、理想とする介護支援のかたちを常に考え、その実現にむけて前進しています。


他にはない細やかなサービスの提供、ご利用者様の「生きがい」の創出、特色ある行事活動などの豊かな毎日は、地域の理解があってこそ築きあげることができるのです。

なじみある人々に囲まれて穏やかな終末期を

「幸せだったと思います」「私が年をとったらまたお願いします」といったご家族の言葉が物語るように、終末期を有終の美で締めくくることができれば、ご本人もご家族も悔いなき人生を終えることができるのではと信じています。

それゆえ、ポタラの森で迎える終末期が心穏やかなものとなるよう、ここでの数年間にお一人お一人のために何ができるかとことん考え支援しています。

 

ご希望の方は、天寿を全うされた後、枯山水の庭園が広がる志度寺の書院にて葬儀をし、永代供養も承っております。先の不安を抱えることなく、穏やかな日々、前向きな日々、にぎやかな日々…と、ご利用者それぞれの日常をお過ごしください。